小児皮膚科

お子さまの皮膚の病気について

お子さまの皮膚の病気について

乳児湿疹、アトピー性皮膚炎、とびひ、イボ、水イボ、おむつのかぶれなど、お子さまに多い皮膚病を拝見します。

お子さまの皮膚は、大人に比べて非常にデリケートなのでしっかりとしたケアが必要であり、お子さま特有の皮膚病が多く見られます。
そのため、皮膚科専門医がしっかりと診察した上で、お子さまお一人お一人に合った方法で治療致します。

小児皮膚科の主な対象疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、よくなったり悪くなったりを慢性的に繰り返す、かゆみを伴う湿疹を特徴とした皮膚病です。 多くの患者さまはアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)と乾燥しやすい肌質(ドライスキン)をもっています。

慢性的と言っても乳幼児期に発症したアトピー性皮膚炎が必ずしも大人になっても慢性的に続くとは限りません。その時、その時のお子さまの症状を的確に把握し、必要なスキンケアを行っていくことが大切だと考えています。実際に定期的な通院を通したスキンケアで多くのお子さまが治療前よりずっといい状態で過ごされる様子を拝見しております。お気軽にご相談ください。

以下の病気の説明は大人と共通することです。ご興味のある方はお読みください。
患者さまご自身やご家族に気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、花粉症といったアレルギー体質をお持ちであることを「アトピー素因がある」と言います。またドライスキンでは皮膚表面を守るバリア機能が弱く、ダニやハウスダストや細菌などアレルギー物質が皮膚の内部へ侵入しやすい状態を意味します。このために皮膚でアレルギー反応を起こし、かゆみを伴う湿疹を生じるのです。

アトピー性皮膚炎の治療は「ドライスキン」対策としてしっかりと保湿剤を外用しバリア機能を高めます。既にアレルギー反応を起こし湿疹となっているところには適切な塗り薬でよくしましょう。「アトピー素因」への対策としてはアレルギー物質をできるだけ近づけないようにするといった環境面の改善と必要に応じアレルギー反応を抑える飲み薬を使用します。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、あせもや虫刺されを掻きこわした傷、すり傷、ジクジクした湿疹などに細菌が感染して起きます。これらの細菌は、健康な皮膚には感染しませんが傷ができていたりアトピー性皮膚炎があったりすると、皮膚の抵抗力が弱くなっているため感染してしまいます。

とびひの治療は、抗生物質の飲み薬と塗り薬を服用します。 また、細菌培養検査にて原因となる細菌を同定し、最も効果のあるお薬を処方致します。生活上では、病変部をしっかりとシャワーで洗い流し菌をできるだけ減らしてあげることが重要です。

イボ(尋常性疣贅)

ヒトパピローマというウイルスの感染で発症します。尋常性疣贅(イボ)はよくお子さまの手の平や足の裏によくできるイボ状のできものです。幼稚園や保育園、小学生のお子さまが「足の裏にたこ(あるいはうおのめ)が出来た」と来院される方のほとんどがこのウイルス性イボであることが多いです。
治療は液体窒素療法を中心に行いますが内服療法をあわせて行うことでより早期の治癒を目指します。

水イボ(伝染性軟属腫)

水イボはポックスウイルスの感染によって起こります。小児に多く見られ、放置しておいても1~2年で大部分は消えますが、自家接種して数を増やしたり、患児との直接の接触だけでなく、バスタオルやスポンジ、 ビ―ト板などの器物を介しても感染します。プールに入れないことや集団活動に制約がでることもあるので、お早めに治療されることをお勧め致します。

水イボの治療は、早期であれば摘除が基本で専用のピンセットで水イボを1個ずつ摘まんで中身を取ります。既に数が多く拡がってしまっている場合は自然治癒を待つ場合があります。
尚、摘除の際には痛みを軽減する麻酔テープもございますので、お気軽にご相談下さい。

おむつかぶれ

おむつかぶれ

尿や便に含まれるアンモニア、酵素などに皮膚が刺激され、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれができます。尚、皮膚のシワの間にできている場合には、カンジダ皮膚炎の可能性があります。カンジダが疑われた場合は、顕微鏡でカンジダ菌の有無を確認することで診断が可能です。
おむつかぶれの際は、洗面器にぬるま湯を入れておしりを洗い、亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。また、ひどい時には弱いステロイド軟膏を塗ります。

水痘・帯状疱疹

水痘(みずぼうそう)

水痘は、麻疹に次ぐ感染力の強いウイルスで、飛沫感染し罹患者の約80%は5歳までに発症しています。潜伏期は平均15日で、軽い発熱とともに顔面・体全体に小紅斑が多発し、紅斑は速やかに赤い小水疱となり、水疱は徐々に膿疱化し、通常5~7日でカサブタ化します。
お子さまの場合は一般に軽症であることが多いようですが、皮疹の拡大のみならず、発熱やかゆみの軽減につながるため、積極的に抗ウイルス薬の内服薬を処方します。

水痘(みずぼうそう)

水痘は、麻疹に次ぐ感染力の強いウイルスで、飛沫感染し罹患者の約80%は5歳までに発症しています。潜伏期は平均15日で、軽い発熱とともに顔面・体幹を中心に小紅斑が多発し、紅斑は速やかに赤い小水疱となり、水疱は徐々に膿疱化し、通常5~7日でカサブタ化します。
お子様の場合は一般に軽症であることが多いようですが、皮疹の拡大のみならず、発熱やかゆみの軽減につながるため、積極的に抗ウイルス薬の内服薬を処方します。

帯状疱疹

帯状疱疹は、高齢者に多く強い痛みを伴った皮膚病ですが、最近はお子様に発症する例もございます。体の片側に軽い痛みやかゆみとともに、赤いブツブツや水疱が帯状に出現し、次第に膿疱化し、約2週間でカサブタ化します。炎症が強く、皮膚に糜爛や潰瘍を形成して傷跡になることもあります。

軽症の場合は抗ウイルス薬の塗り薬でも治療可能ですが、やはり抗ウイルス薬の内服を処方します。
痛みやかゆみを抑えたりするだけでなく、炎症の程度を軽減して皮疹の拡大や程度を軽くすることによって傷跡になることを防ぐ効果もあります。

  • 一般皮膚科
  • 小児皮膚科
  • アレルギー科

はるな皮ふ科クリニックへ
ご予約•お問い合わせ下さい

〒332-0015 川口市川口6-2-1 川口駅西口医療モール2F
川口駅西口徒歩6分・駐車場15台あり
【診療時間】
9:00~12:30/14:30~18:00
【休診日】
水曜、土曜午後、日曜、祝日
【順番予約システム予約可能時間(電話、WEB共)】
月、火、木、金
午前9:15〜12:00 午後14:45〜17:45

午前9:30〜12:00

pagetop